活動報告

第1回山形大学整形外科スキルアップセミナーを開催いたしました

第1回山形大学整形外科スキルアップセミナーを開催いたしました

令和1年7月11日に、第1回山形大学整形外科スキルアップセミナーを開催いたしました。

整形外科医としての技術習得という点で本セミナーは大変意義深く、十分な感染対策を施したうえで行うことを事前に報告し、医学部からの許可を得ての開催となりました。

当日は、臨床研修医および後期研修医を中心とした若手医師に、以下の内容で実際に手を動かしてもらいました。

A 手羽先を用いた血管吻合術

B 肩モデルを用いた肩関節鏡トレーニング

C 上腕骨近位端骨折に対する人工骨頭およびリバース型人工関節

D 豚脊椎を用いた脊椎除圧術

E 骨モデルを用いた脊椎インストゥルメンテーション手術

F 簡易ナビ使用によるTHA

G CTナビゲーションシステムを用いた骨盤骨切り

H 豚膝を用いた鏡視下半月板縫合術

I 模擬骨を用いたTKA

 

 

各ブース、ファカルティの丁寧な指導のもと、若手医師が真剣なまなざしで実習を行っていました。

今後も山形大学医学部整形外科学講座は若手医師の育成に一層力を入れてまいる所存です。

ご参加いただいた皆様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。